MashBlog

パリ在住フォトグラファーマッシュの写真や動画やパリ生活やあれこれを書いてます〜

パリのフランス料理人とコラボ撮影「ポタージュ」

パリのモンパルナスで大人気の

日本シェフが経営するレストラン「Le Clos Y」

(ル・クロ・イグレックと読みます)

 

ここで活躍している料理人の俵さん

料理と写真のコラボ作品撮影

 

今回は第3回目のテーマは

「ポタージュ」

 

f:id:mashphoto:20180929211752j:plain

 

ポタージュとはフランス料理ではスープ全般のことを言っております。

日本ではスープ類の中でも、どろっととろみがあるものをポタージュ、サラサラした澄んだものをコンソメと言います。

 

そのポタージュをテーマに料理を作って頂きました。

スープって副菜のイメージを持たれている方が多いと思いますが、実は食材の旨味がたーっぷりと詰まっているご馳走なんです(個人的感想)。

 

Glacer -concombre fromage blanc de chèvre-

胡瓜とシェーブルチーズのグラッセ

f:id:mashphoto:20180929213141j:plain

f:id:mashphoto:20180929213145j:plain

f:id:mashphoto:20180929213609j:plain

グラッセ(glacer)フランス料理の用語で、凍らせるや冷やすの意味で,冷凍庫などで冷やし固めたり,材料を氷で冷たく冷やすことを言います。また、つやをつけるという意味もあります。

初めは凍った状態で少しずつ溶けていき、液体と氷の間の不思議な食感を楽しめます。

 

 

Râpé -Courgette vert et jaune, figue de barbarie, kiwi sauvage, physalis, persil plat, huile de olive-

野菜と果物のラペ

f:id:mashphoto:20180929215049j:plain

f:id:mashphoto:20180929215050j:plain

f:id:mashphoto:20180929215055j:plain

ラペとはすりおろすという意味です。

たくさんの野菜と果物(丸いズッキーニ、黄色いズッキーニ、イチジク、キウイ、ほおずき、平パセリ、オリーブオイル)が入っています。

 

 

Crème champignon de Paris et sarrasin

マッシュルームと蕎麦のクリーム

f:id:mashphoto:20180929220043j:plain

f:id:mashphoto:20180929220045j:plain

マッシュルームはパリではシャンピニオン・ド・パリと呼ばれています。

蕎麦の実もパリではクレープでそば粉をが使われておりフランスでも馴染みの食材ですね。

 

 

Bisque -pigeonneau, riz-

ひな鳩とお米のビスク

f:id:mashphoto:20180929220703j:plain

f:id:mashphoto:20180929220659j:plain

ビスク(Bisque)は、クリームベースの滑らかで濃厚な味わいのフランスのスープです。本来は本来は裏漉しした甲殻類のクーリをベースとして作られますが、クリームベースで甲殻類を含まないスープをビスクと呼ぶこともあり、今回は鳩のひなを使っております。

 

ポタージュひとつにしても様々な形や味わいを表現でき奥が深いですね。

液体を写真に落とし込む事についても考えさせられます。

 

また引き続きコラボ撮影していきますのでお楽しみに。

 

ぜひパリへ来た際は、本場のフランス料理が堪能できます

「Le Clos Y」へお越しください〜!!

 

27,Avenue du Maine 75015 Paris

tel +33(0)1 45 49 07 35 

 

ル・クロ・イグレック / Le Clos Y

Restaurant Le Clos Y

 

 

他のコラボ料理写真はこちら

 

テーマ 「南フランス」 料理 「冷製エビフライ」

www.mashblog.net

 

テーマ「アーティチョーク」

www.mashblog.net

 

 

 

マッシュへの写真のご依頼はホームページより

www.mashphoto.net

 

パリの散歩動画はこちら

www.youtube.com

 

フランスのお土産紹介はこちら

www.youtube.com